みどり豊かな自然が多い場所

港区は東京都の区のひとつですが、その顔は多彩です。
東京は日本の経済の中心地で、中でも港区には本社を構える企業が多く、虎ノ門や新橋などのオフィス街は世界に向けても、日々活発に経済活動が行われています。
また、港区近辺にはワターマンションなどの高級賃貸が多数取り揃えられています。そんな港区の高級賃貸の物件を探している人にはこちらをおすすめします。
また青山や六本木といった若者が集う街があり、シロガネーゼといった新語が生まれた白金や麻布などの住宅街も擁しています。
東宮御所や迎賓館などみどり豊かな自然が多い場所もあり、外国人居住者が多いのも港区の特徴です。
また80以上の大使館や領事館などが港区に置かれています。これはひとつには明治維新の後に大名屋敷があった場所が空いていたということがあります。
大名屋敷のあった場所は敷地も広く、道路状況なども良かったからと言われています。

港区は東京都の特別区のひとつであり、港区の高級賃貸はセレブの街、トレンドの中心地とも呼ばれています。港区は区外からの通勤者や通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計(昼間人口)は夜に比べ約5倍といかに中心地であるかをものがたっています。

港区は1947年に当時の芝区、麻布区、赤坂区が合併し誕生しました。3区の合併時に各区の関係者から新しい区名案が提出されて審議が進められ、案のひとつに、東京港を抱合していることから「東港区」が候補になるもそれでは、「東京都東港区」のように似た音が重なってしまうため「東」の一字を除いて「港区」となりました。港区にはお台場、レインボーブリッジなど有名なスポットも多々あり、一度は訪れてみたい場所なのではないでしょうか。

ファミリーマンションは、隣近所をあまり気にすることもない。

初めてマンションに住んだのは、結婚二年目のことでした。マンションと言っても賃貸のファミリーマンションだったのですが、何十世帯も入っているような共同住宅に住むのは生まれて初めての経験でしたから、けっこうワクワクもしたものです。

それで、そこに入って良かったことは、ある程度、隣近所を気にすることなく生活できたということ。そこに住むまでは、二世帯住宅の二階を借りていたこともあり、階段を上り下りするのもけっこう気をつかったものでした。

ファミリーマンションは、その造りもけっこうしっかり造ってあるようで、ちょっと騒いでもあまり迷惑にもならなかったようです。と言っても、子どもじゃないので、そんなにひどく騒いだりはしませんが。でも、このことは自分としてかなり嬉しかったことでした。また、文京区の自宅マンションの近くにエアコンクリーニングの専門店があって、難しいお掃除は業者さんに頼めるのですごく楽になります。

マンションだと物理的にも精神的にも安心です。

マンション・1戸建てのどちらにも住んだ経験があります。
1戸建てにも良さはありますが、マンションのいいところは何といっても、同じマンションに住んでいる方々とのつながりです。全く見ず知らずの土地で不安だらけのときに、子供関係の情報、生活情報、その他レジャー情報などすべてをマンションの方々に教えてもらえました。
同じ年頃の子供をもつご家族とは、家族ぐるみで付き合えるようになり、同じマンション内で遊びに行ったりきたりする関係になり、マンションで良かった、と心から思っていました。

また、コンビニがすぐ近くにあり、ちょっとした買い物、またちょっとした散歩にもよかったです。

冬には戸建てと比べ部屋の暖まり方が早いように感じました。やはりそれぞれのお宅が暖房を使用しているからでしょうか、浅草の新築の賃貸マンションに住んでいた時の暖房費も少し安かったと思います。

中規模分譲マンション在住です

一戸建て、川口市のリノベーションマンションの両方とも住んだ経験がありますが、私にとってはマンションの方が利点が多く、利便性も高いです。まず、一番ありがたい点は、ゴミ捨てについてです。私のマンションでは、燃えるゴミ以外はいつ出しても良い決まりになっています。缶やペットボトル、紙類は日々溜まっていくのですぐに出せることは非常にありがたいです。また、ゴミ捨て場も管理人さんが管理しているため、匂いも全くありませんし、常に整頓されています。もう一つの利点はセキュリティの面です。私のマンションでは、セコムが入っており、外に出かける時はセキュリティがかかります。また、オートロックのため、勧誘がきても正面玄関の映像を見て判断することができます。娘がいるのですが、玄関映像が部屋から確認できることや常に管理人さんがいることで、安心して留守番させることができます。

Swiftray Theme Powered by WordPress