変に小洒落たショップが増えた

麻布十番は、もともと麻布山のふもとにある商店街・ダウンタウンでした。港区は各国大使館が集中している関係で、東京大空襲のターゲットから外されていたことから、古い人情商店街でした。かつては。
というのも、以前は車か、渋谷からバスでアクセスするしかなかった場所だったのですが、1991年に地下鉄2線(南北線と大江戸線)が相次いで開通してしまったことで、観光地化が進み、町を歩く人の質も変わってしまいました。

地元民として最も残念なのは、やはり、「麻布十番祭り」の変わり様です。
それまでは、本当に地元商店街のお祭り、という感じだったのですが、今ではすっかり関東近郊からの観光客で溢れ、地元の人間は敬遠するようなイベントになってしまいました。
また、変に小洒落たショップが増えた分、地元民向けの日常使いできるお店が減ってしまいました。

名前が全国区になって観光地化したことと高齢化が進んだことにより、古い住宅街とそれに隣接する商店街だった麻布十番が、すっかり高級マンションと観光客向けの町になってしまったことはとても残念でなりません。

一人暮らし生活で感じた良かったこと

私が東京での一人暮らし生活で感じた良かったことは、交通の便がよかったことです。地方から上京してきて初めて住んだところは、新宿から10分ほどの駅の近くにある仲介手数料無料のマンションでした。とても古い1ルームマンションで、家賃も高く感じました。入学する大学を決定するのが遅く、条件は「通学に便利なこと」のみでした。

実際に住み始めてみると、急行停車駅なので便利でした。各駅停車でも新宿まですぐに行けました。また、新宿発の最終電車の終点なので、0時すぎまで遊んでいても平気でした。家賃の高さも定期代と相殺できる程度なので、気にならなくなりました。

最初はすぐにどこか綺麗で家賃の安いところに引っ越すつもりでしたが、結局大学卒業後も住み続けました。

安全第一!

渋谷区で賃貸物件を探すにあたっては、まず安全な場所・物件であるかどうかという点を重視して選んでいきます。やはり一番気になるのは治安です。

できるだけ駅に近い方が便利だとは思いますが、渋谷区、特に繁華街に近い物件を探すとするなら、周りの環境やマンションのセキュリティ等をしっかりとチェックして慎重に選びたいです。希望としては、繁華街からは少し外れた場所で、かつ夜の人通りはある程度あるような場所…大きい通り沿い(ただし高速道路沿いではない)の、比較的戸数の多いマンションが良いと考えています。

もちろんオートロックでモニター付きインターホン。管理人の方が常駐していると尚良いでしょう。マンション専用のゴミ捨て場がマンション内にあり、宅配ボックスもあると助かります。ベランダは、柵タイプでなく壁タイプ(中が見えない)と良いです。また、物干し台の高さが変えられるタイプだと女性の一人暮らしでもある程度のものなら外に干せるから嬉しいですね。

他にもキッチンは2口以上、バストイレ別、エレベーターあり・・・周辺施設に関しては渋谷のエステが有名で、そこへ通いやすいところがいいと思いますなどこだわりたい部分は沢山ありますが、とにかく安全面を一番に考えながら探したいです。

Swiftray Theme Powered by WordPress